忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

柊七紀です。みなさん、今日は母の日ですよ。

母の日の定番といえばカーネーションですが、
型にはまる事を嫌う私はあえて寿司を選択しました。
決して自分が食べたいとかじゃないです。寿司なら母も父も喜ぶし、無難だからです。
いいえ、ゲソとかトロとかサーモンとかウニとか、全然食べたくありませんから。

P&Pいちのマザコン・ファザコンである柊七紀。
そんなボクを錬金術的な何かで生み出した偉大な両親の話を
折角なので聞かせてやろうっていうか聞いてください、すみません。


大分昔ですがね、父が私に交際当時のラブラブっぷりを語ってくれました。
虎も怯えそうなヤクザ顔して嬉しそうに語る父は心から気持ち悪い、もといキモかったのですが、
そんな幸せそうに語られたら聞くしかないじゃないですか。むかつくけど聞くじゃないですか。

「お父さんはモテたからなぁ、いっぱい彼女が居たよ」とか言って笑う父。
悪く言えばウザくて、良く言えば殴りたい。それでも耐える優しい心、柊七紀……大人の色気。

満足した父にやっと解放され、特に何の広がりも無く話は終わりました。


でまあ、時は経ったある日。高3辺りだったかな。
母の車に乗っていた時、ふとその話を思い出しましてね。
「母さん、どうして父さんと結婚したの?」と、心からの疑問を投げかけました。


その質問を受けた母は、どこか嬉しそうに小さく微笑み――


「当時ね、お父さんは凄く高い車に乗ってたの。
ああ、きっとかなりのお金持ちなんだなあと思って、結婚した」


そりゃないよ母さん。
嘘でも良い、もっと感動的な事を言おうよ。
父さんの笑顔を思い出しただけで涙出てくるよ。


とまあ、そんな欲望を抱いて結婚した母ですが、
本当に金持ちだったのは、いくつかの会社を経営する父方の祖母でしてね。
挙句に父は警察になっちゃうっていう、まさかの展開だったそうです。あんたの人生それでいいのか。


なんだかんだで愉快な両親です。
もしも父の日に覚えていたら、今度は「父と死体遺棄」の話でもしようかな。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]