忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

七紀は激怒した。走るボクです。

冒頭あいさつを意味の欠片も残さぬ程に粉砕しましたけど、
妙な諦めを胸に続けていきます。今日はタイトル通り、信じるって事について。

私生活だろうと仕事だろうと、何かを信じるかどうかって選択があると思います。
他者を信じるか、どちらを信じるか、自分を信じるか。
場合によってはいい方向に向かうし、逆も然りな訳です。

以前ね、誕生日に、友人からピアスを貰いまして。
ピアスなんてノミの心臓のボクが開けてる訳もなく、
貰ったところで開ける気もないボクは途方にくれました。
でもまあ折角だしね。そうだ、服のアクセとして使おうと。

んで、意気揚々とシャツの襟にピアス穴を開けたんですけど、
どうにも穴が小さかったらしい。全然はいっちゃくれない。
悪戦苦闘していると、姉が助っ人キャラばりのニヒルな笑顔で「貸してみろ」と。
ボクも「ヘマすんじゃねえぞ・・・」みたいな感じで一任したかったんですけど、
内に秘めたる神秘的な七紀が言うんですよ。「ソイツに任せるとめっちゃBAD」って。

案の定、なんか知らんけど姉が力技でピアスを捻じ込もうとしてんですよ。
自分のじゃないって気楽でいいよね。
嫌な予感が首筋をヒヤリとさせたので、
「ムリだよムリムリ。それムリ。物理法則が泣いちゃうよ。
お願いだから彼を返して、私の彼を返してよォォォ」と、必死の静止。
「大丈夫! ハハ、大丈夫!」
その自信はいったいどこから湧いてるのか。なんとかして根源を断ちたい。

暫しの攻防の後に、「あっ」という声と共に、嫌な方向へ折れ曲がるピアスの根元。
「いやあ、スマンスマン」と良い笑顔の姉は、何かをやり遂げた戦士の顔だった。

他者を信じられない人ってのは、とても可哀想だと思う。
けど、やすやすと他者を信じるのも、とっても愚かなんだなあと
折れたピアスにそっと語りかけるボクでした。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]