忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

その通り、私が神賀♂真人だ。

前回のブログにてTくんが出てきましたが、今回はTくんとの昔話を一つ書こうと思います。

あれは小学校の頃でした。
いつものように登校し、いつものように授業を受け、いつものように休み時間を過ごしていました。

休み時間にはよくTくんと話していたのですが、その日も同じように雑談していたのです。
話しながら視線を巡らせると、ふと異様な存在感に気付きました。
まるで乳児用のミルク缶のような大きさ、形。しかし、素材は一目でプラスチックと分かります。
手にとってみると、やはり素材が素材だからか軽い。小学生でも難なく持てるほどです。
その物体を観察していると、上部に蓋があるのを発見しました。
好奇心に体を突き動かされるまま、その蓋を開いてみるとそこには・・・。

日常生活でよく見るもの。きっとどこの家庭にでも置いてあるであろうもの。
あるのが当たり前すぎて、万が一なくなった時には大変な目にあってしまうであろうもの。

そう、ティッシュです。そこにはどこをどう見てもティッシュとしか言えないものが入っていたのです。
しかし、このティッシュはただのティッシュではなかった。
触れた指は優しい湿り気を帯び、手触りもなんと柔らか、とてもウェッティです。
そう、ウェットティッシュだったのです。
今考えてみれば、人生において私が初めてウェットティッシュを目の当たりにした時でしょう。

初めての物体、よく知る存在と非常に似ていながら、それを進化させたような物体。
そんなものに幼い私は舞い上がってしまいました。
ウェットティッシュを勢いよく取り出す。潤ってる!すごくウェッティ!
とまあ、ここまでならよかったんですけど、問題はその後です。

ウェットティッシュを持ったまま、なぜか教室の窓へと向かう私。
閉まっていた窓を開放し、手にするウェットティッシュを外へと放り投げました。
ひらひらと宙を舞うウェットティッシュ。ゆるやかに落ちていくウェットティッシュ。
いったい何が楽しいのか、何枚も何枚も続けてウェットティッシュを外へと放ちます。

そんな私の様子を、さっきまで一緒に雑談していたTくんが見ています。
するとこちらに駆け寄り、私と同じようにウェットティッシュを外へと解き放つではありませんか。
二人して馬鹿みたいにウェットティッシュを投げ、馬鹿みたいに笑い、馬鹿みたいに楽しんでいました。

「ウェットティッシュマン!ウェットティッシュマン!」

とか、なんのひねりもない名前を叫びながら、笑顔でウェットティッシュを投げ続けます。
きっと幼い私たちの目には、大空を舞うヒーローにでも見えたのでしょう。

そんなことをしていたら休み時間も終わり、授業が始まります。
先生が来て、授業を始める前にとある話しをしました。

「今の休み時間、外にティッシュを投げていたのは誰ですか」

この質問に、私とTくんは馬鹿みたいに手を上げました。
犯人が分かった先生は、私たち二人に軽く注意しました。「外に物を投げるのはやめましょう」と。

そして次の日以降、教室でウェットティッシュの姿を見ることはありませんでした。

この出来事を思い出したのはつい最近なのですが、今考えても当時の自分は馬鹿だったと思います。
それでも、あんなくだらないことで楽しめたというのはある意味幸せだったのかとも思います。

あの日空を舞う雄姿を私たちに見せてくれたウェットティッシュマン。
あの時だけだったけど、私たちの心に何かを確かに刻み付けてくれたウェットティッシュマン。
もうあの姿を見ることはないけれど、私は忘れないでしょう。

それにしても、ウェットティッシュだったからよかったものの、ちょっと重さのある物だったら大惨事でしたね。
皆さんも、高いところから何かを投げないようにしましょうね。神賀先生との約束だよ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]