忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、七紀です。ちなみに中1です。

・・・いや、ちゃうねんですよ。
ネットで度々(ほぼ若い年代に)見られるこの現象。年齢晒しです。
事あるごとに自分の年齢を言いたがるのは、若さの証です。

みなさんはどうですか。現役の方もそうでない方も、
当時は、妙に自分の年齢を言いたかった経験とかありませんか。

本人としては、情報共有とか自分を知ってほしいとか、ただの若さ自慢とか、
そういったなんの特にもならない自己アッピール☆なんですけどね、
これって大人になるにつれて、所謂、黒歴史に変貌してしまうんです。

大人になっても何が恥ずかしかったのか理解でない人もいますが、
そういう人は、いっそ幸せです。だって恥ずかしくないもん。

ちなみにボクは思いっきり前者です。昔の自分を絞殺したい。

さて、この年齢晒し。世間というものが見えてくると恥ずかしいこれですが、
やっぱり未だにその風潮は衰えることを知りません。

もしかしてボクらは恥ずかしいと思っているだけで、
今の年齢晒しには何か特別な意味みたいなのが込められているのかもしれない。
という訳でさっそく、友達を勝手に巻き込んで試してみました。

こんな事するのは、相当 気心触れた友人じゃないと危険ですからね。
付き合いの長い同級生の友人に、先日、こんなメールを送ってみました。

―――――

柊「次いつこっち来るの?」

友人「春になったら。
    そんとき遊びに行くわ」

柊「了解。ちなみにボク○○(実年齢)歳です」

友人「うん、オレもだね」

―――――

さすがに、柊の戯言を長年聞かされ続けてきた奴は返しのスキルが違います。

「は?」とか「なにが?」とか言われたり無視されたら首括るつもりでしたが、
もうね、まったく気にしていない。はいはいいつものアレね、発作ね、みたいな返し。
周りがみんな彼みたいならボクの人生 楽なのに。

でもね、これじゃあ終われない。こんな簡単にあしらわれるの、七紀じゃない。
ボクってもっとこう、どうしようもないウザさで、
姉から一日に「ウザすぎる」って数十回単位で言われる感じのあれなんだ涙が。

やってやろうじゃあないですか。
もっと返しが困難なくらいの訳わかんない戯言を、奴に送ってやりますよ。
むしろ友人を全制覇して関係を終わらせていくレベルですよ。

……あれ、趣旨なんだっけ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]