忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、柊です。

「もしもあの選択をしなかったら」
「もしもこの考えを持っていなかったら」ということを、たまにふと考えてしまいます。

良くも悪くも選択の積み重ねで今の自分が居る訳ですが、
もしもその一つでも選択が違っていたら、考えが違っていたら
自分はいったいどうなっていたのだろうか。

まあ、選択がちょっとでも違えば今頃ボクは
大統領か総理あたりにはなっていたのですが、
悲しいかな自分で自分の首を絞め、今ではこのあり様です。どこで間違えた。

そこまでぶっ飛んだIFじゃなくとも、
例えば今の自分を決定づける選択の場面で、違う答えを選んでいたらどうなっていたか。
もしかして、今より幸せだったんじゃないか・・・なんて考えてしまいます。

とか色々と思いを巡らせるのですが、多分どう選択していったとしても
この瞬間と同じように、また「もしも」を妄想するんだろうなあ・・・と結論。
人間って悲しいね。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
祖先の選択が1つでも違えば私は存在しなかった。そう考えると自分の存在は奇跡なんだと思えませんか?
となかひ 2010/06/22(Tue)19:38:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]