忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そろそろ国民的アイドルになってきたかと自負しております、七紀です。
もうテレビ出演のオファーが来ても良い頃だと思うのですが
各テレビ局は何をしているのかしら。プンプン。

そんなウザ過ぎるアイドルのボクですが、シリアルが好物なんですよ。
「朝食といえばシリアル」とか言いながら目玉焼き食べちゃうんですが、
もうね、シリアルが好き。エビチリくらい好き。いやエビチリの方が好き。

しかしそれを上回るほどにボクのガラス製ハートを鷲掴んで離さないのが
ハンバーガーです。特にあの有名な道化師の方は崇拝する程に尊敬しております。
もうね、三食ハンバーガーでもいい。普段は小食なボクなんですが、ハンバーガー
となれば人並み以上に喰いまして、一回に1500円以上使うとか金銭感覚
狂ってるんじゃないかと思うのですが、それでも食べちゃうくらい大好き。
あのコメントを控えたいコーラも大好き。


やらないかポーズで鎮座している道化師様の逞しい腕にそっと頬を寄せちゃうほど
某Mを崇拝しているボクなんですが、子供の頃はMの看板ともいえる道化師様が
恐ろしくて仕方がありませんでした。

真っ白な顔して「ヒャハハ」とか笑って、世の子供を泣かせたいとしか思えない。
純粋無垢な子供たちは皆、道化恐怖症なんです。

そして当時のハッピーセットといえば、オモチャはあのキラークラウン。

赤い唇を歪ませて満面の笑みした彼がハンバーガーにくっついてくるんだから
そりゃあ枕もとでひたすらニタァと笑ってこっちを見ている
彼の夢だって見ますよ。トラウマ量産機かアンタ。

3の公開が楽しみな、かのトイ・ストーリーのオモチャなんかついてた日には
歓喜のあまり頭を上下に揺さぶっちゃいますが、あのスマイリーデビルが
顔を覗かせた時の絶望感といったらありません。何がそんなに楽しいのか。

特に、飴細工の様な繊細さをもつマイハートを見事にブロウクンしたのが
ファンシーな車に威風堂々と乗っかったドナ……ナイトメアクラウン。


床で抑えて引っ張ると、猛獣の如き佇まいでゆったりと前進していくという
子供の評価を得る気が微塵も感じられないオモチャなんですが、それを使い
友人と共に遊んでみましてね。「きもちわるぅーい」とか「ださーい」とか
キャッキャウフフと声援を送っていました。

5,6回遊んだ時ですかね。

ひたすら前進するだけのデビルが、あのゆったりとした、スロウリィなスピードで
オレ達の方へと向きを変えて迫ってきたんですよ。

恐怖の象徴とは正にあれのこと。

泣きそうなマイハートを鎮めつつ、おもむろに掴んだ彼を窓の外へとテイクオフ。

道化師、ファラウェイ。

即座に二人で外へと駆けだし、疾走する二台の自転車でカミカゼアタック。

道化師、二度目のファラウェイ。


粉々に粉砕された車から、道化師の首が、あの歪んだ笑顔のまま宙を舞いました。
そしてそのまま隣の家の庭へと華麗にダイブ。
恐る恐る、二人で彼の首を探しましたが……見つかる事はありませんでした。

もうね、数日間夢でうなされた。
首を探して夜な夜な徘徊する道化師。
宙に舞った首が、あの声で笑っている。
消し去りたい記憶、プライスレス。


あれだけ強いトラウマを植え付けられたのに、今となっては彼の人形に
寄り添いイチャイチャして警備員に追い出される日々。どうしてこうなった。

あの日の恐怖を完全に失ってしまったのか、はたまた恐怖心を消す為に
彼を崇拝するという逃げの一手に出ているのか。理解できないマイハート。



最近では、ハッピーセットで彼のオモチャを見る事もなくなりました。

意味のわからない寂しさを感じつつも、子供に大人気なポケモンのオモチャ
が飾られたディスプレイの横で笑顔を浮かべる道化師を思い出し、
一人黙々と1500円分のハンバーガーを頬張る今日この頃です。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]