忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、神賀♂真人です。

先日ですが、髪を切りました。
鬱陶しく感じるくらいには伸びてしまっていたので、ばっさりと切りましたよ。

散髪してもらうお店なんですけど、なぜか昔からお世話になっているところしか利用しないんですよ。
そのお店が特に素晴らしいとか、他のところなんかじゃ任せられないとか、そういう理由ではなく。
慣れてしまったせいで、気楽に行けるというのが強いんでしょうかね。

そういうわけで、またいつも通り散髪してもらいまして。
時折雑談を交えながらうとうとしてたんですよ。
すると、髪を洗う段階になりましてね、そこで訊かれたんです。

「普通のシャンプーと、冷やしシャンプーと、かき氷シャンプーのどれがいいですか?」

ちょっと待っていただきたい。ごく自然に明らかにおかしいものが選択肢に挙がっていた気がする。
なんだ、聞き間違いか?寝そうになってたせいで有り得ないものを耳が拾ったのか?
そう思いましてね、訊きましたよ。「かき氷シャンプーってなんですか?」と。
すると返ってきた答えが。

「頭にかき氷を乗せてシャンプーするんです」

まんまかよ!文字通りかよ!
後で分かったことですが、このかき氷シャンプーというものはいくつかやっているお店があるそうですね。
しかし、この時の私からすると全く未知の領域でして、おいそれと手を出せるものではありませんでした。
普通のシャンプーを所望すると、「訊いたうえで、ですか?」とやたらと粘る従業員。なんだと言うのだ。

まあ、そこまで言うならものは試しだ。やってみようじゃないか。
というわけで、かき氷シャンプーを恐る恐るリクエストしましたよ。

「じゃあ、かき氷シャンプーでお願いします…」

「本当にいいんですか?」

なんで確認するんだよ!いっそ一思いにやれよ!
多少の問答を経て、かき氷シャンプーをしてもらうことになりました。
が、従業員は椅子に座る私を放置してどこかに行ってしまったんですよ。なんでや。

数分して戻ってきた従業員の手には、氷の入った袋。
そしてあらかじめ用意されていたかき氷機に氷を入れ、がりがりと削り始める。
最初から部屋にあったのに全く気付きませんでしたよ、かき氷機。

削り終わった氷を、私の頭に盛り始める従業員。シュール。
「盛りが美しくない…」とか呟いていましたが、私としてはどうでもよかった。

「いちご、メロン、ブルーハワイとシロップがありますけど、どれがいいですか?」

シロップ?本当のシロップじゃないよね?
疑問に思いながらもいちごをチョイス。本当にいちごシロップにしか見えないものをかけられた。

氷を盛ってシロップをかけて、そしてそこからシャンプースタートです。
さすが氷、かなり冷たいですね。暑い日にはなかなかに快適そうですよ。
途中従業員が「これ色はいちごですけど、匂いはグレープなんですよ」とか言ってたけど気にしない。

最後にシャワーで流して、初挑戦のかき氷シャンプーは終了しました。
図はかなりシュールでしたが、心地よい冷たさのおかげで爽快感を得られましたよ。

もしも、皆さんが散髪する際、かき氷シャンプーを勧められたら是非やってみてください。
もしかすると、癖になってしまうかもしれませんよ。

ちなみにそこのお店なんですが、訊いてみたところ1年前よりかき氷シャンプーをしているとのそう。
去年全く知らなかったぞ…。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]