忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P&Pいち「たい焼きの尻尾の部分」が好きな男、七紀です。


街中で偶然、学生時代の友達とかに会う事ってあるじゃあないですか。

ボクのエンカウント率だけなんかおかしくて、
ここなら絶対会わないだろうって所でも
余裕で遭遇してしまうあたり何かの呪いを疑ってしまうのですが
これがまた気まずい時があるから困りものです。

結構仲が良かったとか、未だに遊んだりする相手なら全然構いませんよ。
でも、特に仲の良くなかった相手とかに出会ったりするともう大変。
特にボクは、そういった相手は名前すら曖昧というクズっぷりだからもうね。

そんな相手から「あれ、七紀?! 久しぶり!」なんて言われても、
「え? あ、ああ……ひ、久しぶり……」と、名前も返してあげられない始末。
そりゃあ互いに無言が横たわった後、「それじゃあ……」なんて事にもなりますよ。

ただね、かろうじて覚えている相手でもこうなってしまう事は多いです。
みんな大なり小なり変わっていますからね。
あの頃の様に、気軽に話す言葉も見つからない。

でもそれって悲しいじゃあないですか。
共に学び、遊び、育った相手がこんな余所余所しいなんて、何かが違う。


そんな中、学生時代に結構交流のあったMという男に再会しました。

まあ、学生時代はみんな仲が良くても、グループってものがあります。
ボクと未だに交流のあるKは、同じグループで中心的な存在でしたが、
Mは別のグループの中心的な存在でした。

勉強もできるし、運動もできるし、見た目も良いときたもんで。
とても気さくで、多くの人から好かれていた奴だと思いますよ。

まあ、当時から「そういう感じ」はありましたからね。
なんとなく予感めいたものはありますけど、名前を呼ばれ振りむいた時には驚きました。

そこに立っていたのは、金髪で焼けていて、明らかに「そういう方面」に変貌したMでした。
驚きと同時に、「ああやっぱり」とも思いました。こうなるよね、やっぱりと。

さっきも言いましたが、大なり小なり人は変わるのです。
でもこれは変わりすぎじゃあないかな。これで面接に行ったら一瞬で落とされるよ。
OLがブログでネタにしちゃうレベルの風貌をしているよM! 目を覚ましてよM!

どんな言葉で諭すべきか考えていると、
Mはとても良い笑顔で、ボクの肩を叩きました。

「久しぶり、七紀! 元気にしてた? 調子はどう?」

それはまごうことなく、あの日のMでした。

見た目はもうね、大人という存在が大嫌いで反抗が基本スタイル
バイクのマフラー弄りすぎて戦闘機の音だしちゃいそうな感じになっていても、
中身はあの日の、気さくで良い奴なMのままでした。

人は変わります。彼の様に、他の皆の様に、
その時の年齢や環境に合わせて、刻一刻と変化していく。
でも同時に、変わらないものだってあるんです。
いや、変えてはいけないものが、あるんですよ。

そんな事を教えられてしまった、旧友との再会でした。
ありがとうM! 元気でなM! でもその重そうなピアス達はどうにかしようね!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
柊 七紀
HP:
性別:
男性
ブログ内検索

Copyright © [ Play&Pray ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]